枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。私自身が読む、という前提ですので、初心者向けであって、何よりもわかりやすい、ということを意識しているのですがいかがでしょうか。最初から読みたい!という奇特な方は「(PC版)リンク」から移動してください。また、検索窓に各段の冒頭部分や文中のワードを入れて検索していただくと、任意の段をご覧いただけると思います(たぶん)。

五月の御精進のほど①

 五月の御精進の時、(定子さまが職の御曹司にいらっしゃった頃のことだったんだけど)塗籠の前の二間の所を特別に飾りつけたら、いつもと違って素敵な感じなの。

 一日(朔日/ついたち)から雨模様で、曇りの日も続いてて。何もやることがなくって退屈なもんだから、「ほととぎすの声を探しに行きましょう」って言ったら、「私も私も」って、みんな出かけることに。賀茂の向こうの方に、ナントカ崎?って言ったかな、七夕の渡る橋じゃなくって、ヤな感じの名前で評判なんだけど…「あの辺りでほととぎすが鳴くんだ」って誰か言ったら、「それは、蜩(ひぐらし)ですわ」って言う人もいるの。「そこへ!」ってことで、5日の朝に中宮職のスタッフに牛車を頼んで、北の陣から「五月雨だと濡れても叱られないからね」って、建物のすぐ横まで車を寄せて、4人ほど乗ってお出かけ! すると、他の子たちがうらやましがって、「もう1台、車を同じように」なんて言うんだけど、「だめですよ」って定子さまがおっしゃってね。こっちはスルーして情けもかけない感じで行ったら、馬場っていう所で人が大勢で騒いでるの。「どうしたんですか?」って訊ねたら、「射術演習で弓を射るんです。しばらくご覧になっていらっしゃってください」と言って、車を止めたのね。「左近の中将、他みなさんがお着きになりました」って言うんだけど、そんな人は見えないの。六位の役人なんかがうろうろしてるから、「興味ないわ。早く行って」と言ってどんどん進んで行くのよ。道中も、(賀茂)祭の頃が思い出されておもしろいわ。


----------訳者の戯言---------

五月の御精進。「さつきのみそうじ」と読みます。陰暦5月に行う精進潔斎とのこと。肉食を断ち、行いを慎んで身を清めることを「精進」と言ったようです。

職におはしますころ。これまでにも何回か出てきましたから、「職の御曹司」に中宮定子が滞在していた頃のことですね。「職の御曹司におはします頃、木立など」の段の「訳者の戯言」にやや詳しく書いていますのでご覧ください。

塗籠(ぬりごめ)とは、土などを厚く塗り込んだ壁で囲まれた部屋のこと。初期の寝殿造りでは寝室として使われたそうです。

七夕の渡る橋というのは、「鵲(かささぎ)の橋」ですね。「ナントカ埼」みたいな感じもある地名ですから、「かささき」的なところなんでしょうか。「かささぎの橋」といえば、大伴家持の「鵲の渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞふけにける」ですが、もう少し詳しくは「橋は」の段に書きましたのでよろしければお読みくださいね。

原文の「手結(てつがい)」は、射術を競う朝廷の年中行事である射礼(じゃらい)、賭射(のりゆみ)、騎射(うまゆみ)の前に行う武芸演習のこと、だそうです。

この段もそこそこ長いので、5~6回に分けて読み進めるつもりです。ご了承ください。

先にも書きましたが、今回も職の御曹司にいたころの逸話なのだと思います。これまでの「職の御曹司」モノから考えると、やはり楽しかったころの思い出話になるのでしょうね。今回は夏前の梅雨時のお話でしょうか。清少納言が提案して、ちょっとしたお出かけ。今で言うと、ドライブに行きました的な話ですね。
さて、どんな話になるのでしょうか。
②に続きます。


【原文】

 五月の御精進のほど、職におはしますころ、塗籠(ぬりごめ)の前の二間なる所を、ことにしつらひたれば、例様ならぬもをかし。

 一日(ついたち)より雨がちに、曇り過ぐす。つれづれなるを、「ほととぎすの声たづねに行かばや」と言ふを、我も我もと出で立つ。賀茂の奥に、何さきとかや、七夕の渡る橋にはあらで、にくき名ぞ聞えし、「そのわたりになむ、ほととぎす鳴く」と人の言へば、「それは蜩(ひぐらし)なり」といふ人もあり。「そこへ」とて、五日のあしたに、宮司に車の案内言ひて、北の陣より、「五月雨は、とがめなきものぞ」とて、さしよせて、四人ばかりぞ乗りていく。うらやましがりて、「なほ今一つして、同じくは」などいへど、「まな」と仰せらるれば、聞き入れず、情なきさまにて行くに、馬場(むまば)といふ所にて、人多くて騒ぐ。「何するぞ」と問へば、「手結(てつがひ)にて、真弓射るなり。しばし御覧じておはしませ」とて、車とどめたり。「左近の中将、みな着き給ふ」といへど、さる人も見えず。六位など、立ちさまよへば、「ゆかしからぬことぞ。はやく過ぎよ」といひて、行きもて行く。道も、祭の頃思ひ出でられてをかし。

 

枕草子―能因本 (原文&現代語訳シリーズ)

枕草子―能因本 (原文&現代語訳シリーズ)