枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。

春はあけぼの

 春はあけぼの、夜明けがいいんですよ。だんだん白くなってく山際がちょっと明るくなって、紫っぽくなった雲が細くたなびくのね。

 夏は夜です。月の頃はまた格別で、暗闇の中で蛍がいっぱい飛び交ってるの。で、また、1匹か2匹くらいが、ほんのちょっと光って飛んでくのもいい感じ。雨なんかが降るのもいいんですよね。

 秋は夕暮れ。夕日がさして、山に沈みかかって近づく頃、カラスが寝床に帰ろうって、3羽4羽、2羽3羽くらいずつ急いで飛びたって行くから、しみじみしちゃうの。それにもまして、雁なんかが並んで飛んでいくのがかなり小っちゃく見えるのは、すごくいかしてるんですよね。

 冬は早朝ね。雪が降るのは言うまでもないけど、霜がすっごく白いのも、またそうじゃなくったって、すごく寒くてね、火なんかを急いでおこして炭を持ってくのも、とっても、らしくていい感じなの。でもお昼になって、寒さが落ち着いてゆるんでいくと、火桶の火も白い灰がちになってダメですね。


----------訳者の戯言---------

枕草子と言えば、源氏物語と並ぶ平安時代を代表する文学であり、人気エッセイです。
作者は清少納言ですね。あ、みなさんご存じですか、そうですか。すみません。
ま、そのへんの枕草子情報については追々書いていくつもりではありますが、原典と言うべきようなものも実はいっぱいあって、今回、私は、その中でもいちばんポピュラーではないか?と言われている「三巻本」を元に読んでいこうと思います。

さて。
いちばん有名な、冒頭の「春はあけぼの」です。
学校の授業でもやるので、まあ、まずはこんな感じかなと。けどこんなこと言ってられるのも、今のうちでしょうね。
ははは。


【原文】

春は あけぼの。やうやう白くなり行く山ぎは、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は 夜。月の頃はさらなり、闇もなほ蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

秋は 夕暮。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連らねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

冬は つとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし。

 

検:春は、あけぼの