枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。私自身が読む、という前提ですので、初心者向けであって、何よりもわかりやすい、ということを意識しているのですがいかがでしょうか。最初から読みたい!という奇特な方は「(PC版)リンク」から移動してください。また、検索窓に各段の冒頭部分や文中のワードを入れて検索していただくと、任意の段をご覧いただけると思います(たぶん)。

女の表着は

 女子の表着(うわぎ)はっていうと。薄い紫色。葡萄染(えびぞめ)。萌黄(もえぎ)。桜色。紅梅。すべて薄い色のたぐいなの。


----------訳者の戯言---------

薄色。何度か書きましたが、薄色というのは薄紫です。濃き色は濃い紫なんですよね。平安時代、色の中では紫の優位性が別格に高いんです。


葡萄染(えびぞめ)。「ぶどうぞめ」と読んでしまいがちですが、「えびぞめ」が正解です。古代から日本に自生していた「葡萄葛(エビカズラ)」で染めた織物ということになります。「葡萄葛」は「ヤマブドウ」の昔の呼び方なんだそうですよ。もちろん「葡萄」だけなら「えび」と読みました。江戸中期頃から一般には「ぶどう」になったみたいです。
では動物の海老=蝦(えび)はというと、ヤマブドウの色に似ているからこの名になったというんですね。要するに先は葡萄だったということなんです。
赤みがかった少し薄い紫色です。

萌黄(もえぎ)色。ざっくり言うと黄緑です、典型的な。春先に萌え出る若葉のような色と言われてるんですが、ほぼアマガエルの色です。

桜色。当時の桜といえば野生種の「山桜」のことでした。桜というと今ってか、江戸後期以降はソメイヨシノですが、どちらにせよ桜の花弁の淡い紅色です。ほとんど白に近い薄いピンクですね。紅染めの中で最も淡い色とされているようです。

紅梅。文字どおり、紅梅の花の色です。といっても、紅梅ってどういう色だっけ、桜よりは濃くて桃の花よりは淡かったように思い込んでいましたが、そうではありませんでした。桃色より若干濃いです。


表着(うわぎ)っていうのは数領重ねる袿(うちき)のうちでも最上層に着る袿のことです。なので、他の袿より立派なものだったんですね。女房の装束としては、この上に裳(も)を腰に着け、腰までの長さの短いトップス――唐衣(からぎぬ)を着たのでした。
その表着は薄い色が良いわ!って言うんですね。ファッションリーダーっていうか、こういうことを書きつけて表明する人もいなかった時代ですから、ファッション誌みたいなものなのかもしれないですね。
今トレンドのトップスコーデはこれ!っていう感じなんでしょう。


【原文】

 女の表着(うはぎ)は 薄色。葡萄染。萌黄。桜。紅梅。すべて薄色の類。

 

 

下の心かまへてわろくて清げに見ゆるもの

 下地は決定的にイケてないけど、綺麗に見えるもの。唐絵の屏風。石灰の壁。盛物(もりもの)。檜皮葺(ひわだぶき)の屋根の上。河尻(こうじり)の遊女。


----------訳者の戯言---------

かまへて、というのは、「構へて」なんですが、「慎重に」とか「留意して」という意味です。あるいは「必ず」「決定的に」といった意味で使うこともあります。


屏風の下地は、木で作られた枠(框/かまち)というものと組子というものから成るそうです。そこに和紙を貼り重ねて作るんですね。表のきらびやかな唐絵からすると、下地は綺麗じゃないしダッセーな!ってことでしょうか。でもそんなのあたりまえじゃん。
関係ありませんが、「風を屏(ふせ)ぐ」から屏風というそうです。なるほど。


漆喰(しっくい)という塗り壁材があります。これが「石灰の壁」なのでしょう。
別名・白鷺城と呼ばれた姫路城でも有名なやつですね。漆喰というのは消石灰水酸化カルシウム)を主原料とした塗り壁材なんですが、この消石灰っていうのは石灰石を焼いて水を加えたものなんだそうです。

この消石灰、昔昔は学校のグランドでラインを引くときに使用されていたこともあったんですが、目に入ると失明の恐れがあるため、現在では炭酸カルシウムというものがラインを引きに使用されています。そういえばあったな。

消石灰ガーデニングや野菜作りなど、園芸に使うこともあります。
酸性になった土壌の酸度を弱酸性に整える働きがあるんですね。そのほか、浄水場の浄化工程でpHの調整をしたり、ゴミ焼却場などで排ガス中に有毒な塩化水素ガスが含まれている時など消石灰等を加えることで除去したりもするそうです。火力発電所などで排ガス中の硫黄酸化物を除去するのにも使われるようで、結構使えるものなんですね。
ただ先にも書いたとおり目に入ると危険なんです。ここが厄介なんですね。

ものすごく逸れましたが、この消石灰に糊やスサを加えて、水で練ったものが漆喰です。これまた、屋内の壁にも屋外の壁にも使えるという優秀な壁材なんですよね。
スサっていうのは「寸莎」と書きます。壁材にまぜて、ひび割れを防ぐつなぎとする材料です。藁(わら)、麻など繊維質のものが使われます。
漆喰、ご存じのとおり真っ白で、表面はすごく綺麗です。


盛物というのは神仏に供えるためにお供物のこと。盛物には作り物も多いので、どうしても「見せかけ」って感じなのかなと思います。
言葉としては、盛ってるから「盛物」。シンプルです。
しかし昨今、インスタやTikTokなどSNSの普及によって、「盛る」「盛れてる」「盛ってる」という表現が一般化しました。興味深いですね。「盛る」ことの再認識というか。嵩(かさ)増しなんだけど、見かけのクオリティも上げる、というニュアンスがあります。
ただ積み上げてうず高くしているのだけでなく、「盛る」という語感が清少納言の言うそれに近いのが面白いと思いました。


檜皮葺(ひわだぶき)はすでに飛鳥時代に広まっていた屋根の工法だそうです。結構古いですね。檜の皮を精製した材料を竹釘を使って打ちとめていくという工法なんですが、優雅で繊細、そして優良な機能性をも併せ持ち、奈良時代には上級建築に、平安時代には最も格式の高い屋根工法となったそうです。


河尻(かうしり/こうじり/かわじり)は河(川)の末端、つまり河口のことのようです。当時の輸送というのは瀬戸内海から淀川を経て平安京に至る水路を主に利用していました。このため淀川に繫がる神崎川の河口付近は瀬戸内海航路の起点として、江口、神崎、杭瀬、大物などの港が開かれ、町として発展したようです。特に遊興地としての発展はめざましく、遊女も多くいたとされています。これが河尻というエリアなんですね。普通名詞でもありましたが、固有名詞でもあったのでしょう。
それぞれ、現在の大阪市東淀川区北江口南江口あたり、尼崎市には神崎町、杭瀬本町、大物町といった地名が残っていますね。


で、そこの遊女。化粧をして美しく飾り立てたということでしょうか。すっぴんは大したことないのに?
あんた、見たんかい!
失礼きわまりないですね。


【原文】

 下の心がまへわろくて清げに見ゆるもの 唐絵の屏風。石灰の壁。盛物。檜皮葺の屋の上。かうしりの遊び。

 

 

文字に書きてあるやうあらめど心得ぬもの

 漢字で書いたらその字に理由はあるんだろうけど、納得はできないもの。撓塩(いためじお)。袙(あこめ)。帷子(かたびら)。屐子(けいし)。桶(おけ)。槽(ふね)。


----------訳者の戯言---------

撓塩(いためじお/いためしお)ですが、「撓る」と書いて「しおる」という読み方もあるそうです。「しなわせる。たわめる。」という意味だそうですね。また、他にも「撓む(たわむ)」「撓わ(たわわ)」などの語もあります。実がよく育ち、その重みによって枝や稲穂がしなやかな曲線を描いたり、そのさまを形容する時に使いますね。「たわわに実った~~」とかです。やはり「しなる」感じを表現しているようです。
関連するようですが、「撓(しおり)」という能で使う語もあります。泣くようすを表現する型だそうですね。
能楽は元々は猿楽と言ってたものが主だったそうですが、その猿楽が成立したのは室町時代。なので、平安時代に能のルールは無かったと思いますよ。ただ、猿楽の原型のようなもの(申楽)はすでに聖徳太子の頃にあったと言われていますから、古いものではあるんですね。

逸れてしまいましたが、撓塩というのは所謂、精製塩のことのようです。粗塩を炒って水分をとばしたものですね。加熱することで苦味成分がカットされるため、粗塩よりマイルドな味わいになりますし、粒子が細かくなるので使いやすいというメリットもあります。

たしかになぜ「炒め塩」のことを「撓塩」と書いたのか?
納得はし難いですね。何でや?というのが清少納言の言いたいことなのでしょうか?

ところで、「塩」というのは、正字は「鹽」と書きます。難しい字ですね。
徒然草には、この「鹽=塩」についての逸話が書かれています。よろしければ「第百三十六段 医師篤成、故法皇の御前にさぶらひて」をご一読ください。


衵(あこめ/袙)は、「男性が束帯装束に着用するもの」とか「宮中に仕える少女が成人用の袿の代用として用いたもの」とのことです。2つの用法があってややっこしい。
男子の場合の衵は、下襲の下、単衣の上に着るものとされていて、 表は綾、裏は平絹のものとか。一枚ものもあったようではあります。
衣へんに日または白。ですが、実際には色目は様々だったようです。だから、文字に違和感があったのでしょうか?


帷子(かたびら)はちょいちょい出てきますね。夏用の裏地なしの衣だそうです。直衣の下に着ます。また、几帳や御帳やなんかに掛けるカーテンみたいなものも帷子と言います。几帳はパーテーション的なもの、御帳(台)はボックス型の小部屋みたいな感じのものでしたね。

帷子(かたびら)は元々は「片枚(かたびら)」と書いたそうです。こちらであれば清少納言も文句はないでしょうに。

さてこれまでにも何度か書きましたが、京都に「帷子ノ辻」という地名が残っています。檀林皇后という人の逸話が残っていますので、「関白殿、二月二十一日に⑱」も併せてお読みいただけると幸いです。


屐子(けいし)というのは木製の履物です。下駄みたいなもののようですね。「屐子って何やねん!下駄やないかい!」と清少納言が言ったかどうかはわかりませんが。


泔(ゆする)というのは、頭髪を洗ったり整髪したりするための水です。ヘアコンディショナー的なものでしょうか。
さんずいへんに甘い、ですから何だか飲み物のようですね。
実は米のとぎ汁を使ったそうなので、若干甘い感じはあるんですが、髪に使うとなるとなんか気持ち悪いですね。時間が経つと臭いもしてきそうです。
さすがに清少納言もそう思ったのでしょう。ほんまか?


さて三巻本の原文には「桶舟(をけふね)」とありましたが、色々当たりましたが、桶舟という用語は他に見つかりません。

桶(おけ)。舟(槽/ふね)。とする説もあるようです。
そもそもこの段、
「もしにかきてあるやうあらめと心えぬ物いためしほあこめかたひらけいしゆするをけふね」
と、清少納言が書いたものらしいですから、それもあり得るって話ですね。

「桶」は木製円筒状の容器全般のことを指します。古くは木の幹をくり抜いた「刳桶」、続いて「曲物」(まげもの)とも呼ばれる「曲桶」が発明され、これは平安時代には一般に広まったそうです。薄い板を円状に曲げ密着させた、底をつけたようなものですね。
さらに今、一般に桶と言われているようなものは、「結桶」(ゆいおけ)と呼ばれる木製の桶。つまり木を細長い板にして円状に並べ、「箍」(たが)で巻いて締める構造の桶に至ったというわけです。

「おけ」は「麻(お)笥(け)」が原義だそうです。もとは紡いだ麻糸を入れる器を指したらしいですね。もしかするとそのようなイメージに「桶」はそぐわなかったのかもしれません。
また、枕草子で「桶」という語が出てくるのは、これまでは専ら「火桶」でした。あるいはそのイメージと「桶」に違和感があったのかもしれない。
このどちらかではないかな?と私は推察しました。


舟(槽/ふね)は、所謂「槽」で、「水や酒などを入れる器」を表しているようです。「槽」というのは元来、主に「かいばおけ」を指しました。ここが漢字との違和感だったのか。「馬の餌入れるやつ??」って感じでしょうか?


そもそも日本においては、やまとことばに漢字を当てたわけですが、それがどうもしっくりこなかった。って話ですね。でもそもそも違う言語だし。一人ひとりの感覚的なものです。
諦めて受け入れてればそのうち慣れますよ。ってかほとんど今は使っていません、こんな言葉。言葉の栄枯盛衰、文化の変遷を感じます。もちろんそれで良いのですが。


【原文】

 文字に書きてあるやうあらめど心得ぬもの 撓塩(いためじお)。袙。帷子。屐子。泔(ゆする)。桶舟(をけふね)。

聞きにくきもの

 聞きづらいもの。声の悪い人がしゃべったり笑ったりなんかして打ち解けてる様子。居眠りしながら陀羅尼(だらに)を唱えてるの。お歯黒をつけながら話す声。特にいいところがない人は物を食べながらおしゃべりするものなのよね。篳篥(ひちりき)を練習してる時。  


----------訳者の戯言---------

陀羅尼(だらに)。「陀羅尼は」という段に詳しく書いています。お経とは少し違うもののようですが…。似ています。私には区別がつきません。


「お歯黒」は明治初期まで続いていた習慣でした。むし歯予防という観点からも有効だったとも言われていて、別名「鉄漿(かね)」「歯黒め」「涅歯(でっし/ねっし)」とも呼ばれていたそうです。
「和名類聚鈔」(938年刊/源順/みなもとのしたがう)の巻六には、「黒歯国 (こくしのくに)、東海中にあり。その土俗、草を以て歯を染むる故に曰く。歯黒は俗に 波久路女 (はくろめ) と云ふ。婦人黒歯具有り。故にこれを取る」の記載があります。紅(べに)や白粉(おしろい)、眉墨(まゆずみ)などもすでにありましたが、これも平安時代には貴族階級の間に広がり、男女ともに十七~十八歳で歯を黒く染め成人であることを表していたそうですね。


篳篥。「ひちりき」と読みます。ルビがなければ読めないし、もちろん書けません。
もしかするとテレビとかでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、東儀秀樹という雅楽家がよく演奏していますから、音色は聴いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。ちなみに最近、東儀秀樹が千鳥のクセスゴに出ていました。神無月といっしょに。
というのはさておき、どういう楽器かと言いますと、リード楽器です。西洋楽器で言うと、ダブルリードで吹く木管楽器ということでオーボエに近く、滑らかに旋律を吹くという印象ですね。

陰陽師」に出てくる安倍晴明の盟友・源博雅(みなもとのひろまさ)も実は篳篥(大篳篥)の名手だったそうです。実際の博雅は元々皇籍にありましたが臣籍降下した公卿で雅楽家。実際に安倍晴明と関りがあったかどうかは不詳のようですが。
NHK版では杉本哲太(晴明役は稲垣吾郎)、テレ朝版では堂本光一(晴明役は市川染五郎=十代目松本幸四郎)、映画は伊藤英明(晴明役は野村萬斎)でした。個人的にですが、杉本哲太のが雅楽師としてはまっていた印象があります。横笛をよく吹いていました。

ということで、篳篥(ひちりき)のことは以前「笛は」という段でも書きました(重複あります)ので、よろしければご一読ください。


ことなることなき人=特にいいところがない人、ということでしょうか。今の表現で言うなら、取るに足らない人、普通の、これといっていかしてるところのない人っていうことなのでしょう。えらく上から目線です。そういう人は「物を食べながらおしゃべりする」という決め付けも酷いですね。


聴き苦しいもの、聴き取りにくい音声、耳障りな音なんかについて書いているのですね。
「声が悪い人」はわかります。聴きづらいし、不愉快だというのでしょう。そして「何かをしながら~の声」ですね。篳篥の練習もどうもイカンらしいです。これもまた何様?っていう感じですが。


【原文】

 聞きにくきもの 声憎げなる人の物言ひ、笑ひなど、うちとけたるけはひ。眠(ねぶ)りて陀羅尼読みたる。歯黒(はぐろ)めつけて物言ふ声。ことなることなき人はもの食ひつつもいふぞかし。篳篥(ひちりき)習ふほど。

 

 

ほかげにおとるもの

 灯火(ともしび)の明かりに照らされると見劣りするもの。紫の織物。藤の花。すべて紫色の類のものは見劣りする。紅(くれない)色は月夜にはダメだわ。


----------訳者の戯言---------

火影(ほかげ)。灯火の明かりのことをこう言いました。雰囲気はありますね。と思って調べてたらコミックやアニメには「火影(ほかげ)」という者たちが出てくるんですね。語感かっこいいしね。NARUTOとか烈火の炎です。


灯火の明かりに紫色は映えないようです。これに対して紅色は月明かりに映えないようですね。
たしかに灯火の明かりはいくらか黄味がかった橙色の明かりが被さりますから紫は濁りますね。紅色=レッドはあまり影響がありません。逆に月明かりは白いというか青味のある光となりますから紅色がくすんでしまいます。

CMYKで表すと、紫はC+Mの色ですからY系の光(灯火)が入るとくすんでしまう。紅はM+Yの色ですからC系の光線(月光)が入るとやはりくすみます。そういうことなのだろうと思います。


科学的根拠がないと、「それってあなたの感想ですよね?」ってことになります。ひろゆきかよ。
随筆であって論文ではないので感想でもいいんですが、奥行きは出てこないです。


【原文】

 火影(ほかげ)におとるもの 紫の織物。藤の花。すべてその類(るい)はみなおとる。紅は月夜にぞわろき。

 

 

夜まさりするもの

 夜のほうが勝ってるもの。濃い紅色の掻練襲(かいねりがさね)。むしった綿。女は額が出てるけど髪が綺麗な人。琴(きん)の音色。顔はイケてないんだけど雰囲気が良い人。郭公(ほととぎす)。滝の音。 


----------訳者の戯言---------

さてここから28段ほどは、「きよしと見ゆるもの」の後に入ってる写本もあるよ、という体で三巻本には書かれています。そして後書き、ということになりますから、いよいよ読了までカウントダウンですね。
と言っても、当然、年は越しそうです。読了は来年ですね。


掻練(かいねり)というのは、掻練襲(かいねりがさね)のことです。砧(きぬた)でよく打って、練ったり、糊を落として柔らかくした絹織物のことなんですが、特に紅色のものについて言うことが多いようですね。

むしった綿?というのは、真綿をむしってふわふわにした感じなのでしょうか? それが夜の方が良いというのは、なんだかよくわかりませんが。

琴(きん)というのは、以前も書きましたが、「琴(きん)の琴」のことです。小型で弦は7本。柱(じ)が無く、指で押さえて音程を変え演奏します。筝(筝の琴)が柱=ブリッジで音程をつくっているのに対し、演奏にテクニックが要る、つまり難しかったみたいで、平安中期には廃れたようです。
ちなみに現代、お琴と呼ばれているのは「筝(そう)の琴」のほうです。「筝曲 六段」とか「筝曲 春の海」などがあります。お正月になるとよくBGMになる曲ですね。楽器は長くて重たそうで弦がたくさん(13本)張られているあれです。弦が多いですから音は豊かだと思います。

さて琴(きん)の音色ですが、YouTubeとかでも聴いてみたんですが、筝とか琵琶とかに似たような音です。3~4オクターブぐらいはある感じですね。音域はギターぐらいかな?と思いました。夜だと迷惑じゃないのでしょうか。マンションだと管理会社に通報されます。
ちなみにフィクションですが、光源氏は名手だったようです。


人については、額が出てるけど髪がきれいだったらいいとか、顔は不細工でも雰囲気が良ければいいとか、かなり失礼です。


【原文】

 夜まさりするもの 濃き掻練のつや。むしりたる綿。

 女は 額はれたるが髪うるはしき。琴(きん)の声。形わろき人のけはひよき。ほととぎす。滝の音。

 

 

まことにや、やがては下る

 本当なんですか?「すぐに地方に下る件は」って言った人に、

思ひだにかからぬ山のさせも草 誰か伊吹の里は告げしぞ
(全然思いもよらなかったわ! 伊吹の里に行くって一体誰がそんなこと言ったの!?)

と詠んだの。


----------訳者の戯言---------

「思ひだにかからぬ山のさせも草 誰か伊吹の里は告げしぞ」というのはなかなか技巧的な歌のようです。

まず、
①「思ひ」の「ひ」が「火」の掛詞です。なぜ「火」なのか?? これについては、後で出てきます。

さらに、
②「かからぬ」は「気にかかる」などと言う時の「かかる」ですね。漢字で書くと「掛かる」でしょうか。心に引っ掛かる、感じでしょうか。ここでは否定表現ですから気にもかからない、気にもとめない、思いがけない、という意味になってきます。さらにこれには「思ひ(「火」をかける)(かからない)」といった意味合いが付加されてるんですね。

③「山」というのが唐突に出てきますから何??と思いますが、先に出てきた「かからぬ」というワードと合わせて「かからぬ山の」と続きます。
「山」をここで持ってきたのには何やら意味がありそうです。

そうして、
④「させも草」です。漢字では「艾草」と書きます。読みは「させもぐさ」または「さしもぐさ」と言う場合もあったようですね。ヨモギ(蓬/艾)の異名とされています。お灸の時に使う「もぐさ」がありますが、あのもぐさを作る材料なんです。つまり、「もぐさ」ですから、「火」とか、「焦がす」とか「燃ゆる」とか、そういう縁語が出てくるのです。

ちなみに「古今和歌六帖」という和歌集に載っている「あじきなや伊吹の山のさしも草 おのが思ひに身をこがしつつ」という歌が有名らしいです。
そしてもう一つ、小倉百人一首にもある「かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを」です。この歌は藤原実方朝臣という人が詠んでいます。
藤原実方というと、清少納言と付き合ってたんじゃないか?と言われてる人で、今までにも何度も出てきたプレイボーイですね。「関は」という段にも少し詳しく書いていますので、リンク先も参考にお読みください。

そして、
⑤「いぶき」。伊吹です。「誰か『いふ』きの~」と繋がりますから、「伊吹」は「言ふ」(き)の掛詞でもあります。
先に出てきた「山」からの繋がりであって、伊吹「山」がさせもぐさ(艾草/さしもぐさ)の有名な産地であったことが関連してきます。
伊吹山のさせもぐさ、ってことで、もぐさだから「火」、だし、思「ひ」なんですね。ああややっこしい、ってか複雑。
「いぶきの里」と出てきますから、どうも都からそちら方面に下る、という噂が流れたのでしょうか?

そこで伊吹山の所在地です。
伊吹というのは歌枕なんですね。
近江国滋賀県)と美濃国岐阜県)の境にある山です。役(えん)の行者が開いたと伝える修験道の霊地であったようですが、「延喜式」にも薬草の産地として記されているそうです。特に「もぐさ」は有名なようですね。ただ実は滋賀の伊吹山山麓ヨモギの産地となるのは江戸時代からだったようです。
と、諸説あるわけですが、多数説によると平安時代の和歌に詠まれた伊吹山下野国のほうの伊吹山栃木市)であるとされています。

⑥伊吹の「里」とありましたが、「然(さ)と」の掛詞とも解されています。意味は「そのとおりに」ぐらいの感じをダブルミーニングで言ってるのでしょうか。

さらに、
⑦「告げし」ですね。これも掛詞で、火を「点けし」の意味を含めているようです。


掛詞(かけことば)というのは同じ音のもので、ダジャレみたいなものというか、ダブルミーニングというか、和歌における言葉遊びのようなものですね。和歌は短い文言で表現するものですから、少ない言葉や音でいろいろな情報を言いたい、そういうところからこのような言葉の使い方を編み出したのでしょう。

また、今回は縁語というものも多いです。縁語っていうのは、ある語から無理なく連想される語、関連語のことなのですが、ここでは「伊吹」の関連で「もぐさ」「(おも)ひ(火)」を「かける」「つく」といった語が縁語として出てきています。


根も葉もないウワサであると。
どういう事情でそんな話が出たのかはよくわからないようですが、この歌どうよ!よくできてるでしょ??っていう感じです。圧が強い。


【原文】

 まことにや、「やがては下る」と言ひたる人に、

思ひだにかからぬ山のさせも草誰か伊吹の里は告げしぞ