枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。私自身が読む、という前提ですので、初心者向けであって、何よりもわかりやすい、ということを意識しているのですがいかがでしょうか。最初から読みたい!という奇特な方は「(PC版)リンク」から移動してください。また、検索窓に各段の冒頭部分や文中のワードを入れて検索していただくと、任意の段をご覧いただけると思います(たぶん)。

とくゆかしきもの

 早く知りたいもの。巻染。むら濃、絞り染めなんかにした織物。誰かが子どもを産んだ時には、男の子か女の子かを早く聞きたくって。身分の高い人は言うまでもないけど、身分の低い者、下々の者の場合でも、やっぱ知りたいわね。
 除目(じもく)の翌朝早く。知ってる人が、必ずしも任命されるとは限らない時だって、やはり結果は聞きたいのよね。


----------訳者の戯言---------

巻染というのは絞り染めの一種で、布を巻いて糸で括って染めて、括った部分が白く残ってる生地の柄を言うそうです。
むら濃(むらご)は「斑濃」と書くそうです。文字通り、ところどころを濃淡にぼかして染め出した柄。わざとムラをつくった柄なのでしょう。

くくり物というのは、くくり染め(絞り染め)にしたものだそうですね。巻染とどう違うのかはよくわかりませんが。

除目(じもく)とは、官人を任命する儀式だそうです。1月11日からの三夜にわたって行われたみたいですね。で、その結果がわかるのが明け方だったようで。

というわけで、染め物の出来栄え、そして、生まれた赤ちゃんが男の子か女の子か。さらに、人事発令。

絞り染めはなんとなくわかるとしても、自分のことでもないのに気になるんですかね、清少納言。まあ、好奇心が強いというか、イッチョカミしたいというか、余計なお世話というか。ですね。まあ、そんな人だとは思っていましたが。


【原文】

とくゆかしきもの 巻染。むら濃、くくり物など染めたる。人の、子生みたるに、男(をとこ)女、とく聞かまほし。よき人さらなり、えせ者、下衆の際だになほゆかし。

 除目のつとめて。必ず知る人のさるべきなき折も、なほ聞かまほし。

 

枕草子 (岩波文庫)

枕草子 (岩波文庫)

  • 作者:清少納言
  • 発売日: 1962/10/16
  • メディア: 文庫
 

 

うらやましげなるもの④ ~よき人の御前に~

 身分の高い方の御前に女房がすごくたくさん侍ってるんだけど、奥ゆかしい方のところにお送りする代筆のお手紙なんかを、誰も鳥の足跡みたいな字で書くことは無いでしょ? なのにね、局に下がってる人をわざわざお呼び出しになって、硯をお渡しになって書かせなさるのも、うらやましいわね。そういうことって、そこに仕えてる先輩の女房なんかだと、マジ字が下手くそな人だって、ちゃんとそれなりに書くんだけど、これはそうじゃなくって、上達部なんかの娘さんで、初めて宮仕えに上がろうって誰かに申し上げさせて来るお嬢様には、特に気をお遣いになって、紙をはじめとしてしっかりお整えなさるんだけど、みんな集まって冗談でね、それ、うらやましがって言うようだわ。

 琴や笛なんかを習うのもまた、まだそんなに上達してないときには、(師匠みたいな)こんな感じにいつかは!って思うんでしょうね。

 帝や東宮の乳母。帝のお付きの女房で、宮中の方々どこにでもフリーパスで参上できる人も。


----------訳者の戯言---------

原文で「心にくき所」と出てきます。「心憎し」は、奥ゆかしい、心が惹かれるということだそうです。

「難波わたり遠からぬ」って何?と思ってかなり調べましたが、どうもはっきりとしない。何か、筆が未熟、悪筆であることの例えらしいんですが、元ネタ、根拠がよくわかりませんでした。詳しい先生方、教えていただけると嬉しいです。

さてこの段は、うらやましいっぽいものあるあるです。
伏見の稲荷山をスイスイ登る人。
で、字が上手に書けるとか、歌が上手く詠める人、という流れから、字が上手くて代筆しなければいけない、しかもここぞという大事な時にわざわざ呼び出される人、硯とかも用意されてたり、紙もいいのを準備したりしてるのがうらやましい!って書いてます、清少納言。なるほど。
さらには、帝や親王の乳母とか、宮中どこでも顔パスの女房。

つまり。体力があって、字が上手くて、顔パスがうらやましいと。
まあ、運動得意、アウトドア系の清少納言もどうかと思いますから、これには納得。あと、和歌には心得もあったんでしょうけど、字は上手くはなかったみたいですね。
そして、清少納言のポジションというのは、どこでも顔パスで参上できるほどの格ではなかったようです。けど、そんなこと、うらやましいんですかね。まあ、例によって清少納言基準ですから。
わからんこともよくあります、はい。


【原文】

 よき人の御前に女房いとあまた候ふに、心にくき所へ遣はす仰せ書きなどを、誰もいと鳥の跡にしもなどかはあらむ。されど、下などにあるをわざと召して、御硯取り下ろして書かせさせ給ふもうらやまし。さやうのことは所の大人などになりぬれば、まことに難波わたり(=の悪手(あしで))遠からぬも、ことに従ひて書くを、これはさにあらで、上達部などのまだ初めて参らむと申さする人のむすめなどには、心ことに紙よりはじめてつくろはせ給へるを、集まりて戯れにもねたがり言ふめり。

 琴、笛など習ふ、またさこそは、まだしきほどは、これがやうにいつしかとおぼゆらめ。

 内裏・春宮の御乳母。上の女房の、御方々いづこもおぼつかなからず参り通ふ。

 

まんがで読む 枕草子 (学研まんが日本の古典)

まんがで読む 枕草子 (学研まんが日本の古典)

  • 発売日: 2015/03/17
  • メディア: 単行本
 

 

うらやましげなるもの③ ~女児も、男児も~

 女の子も男の子も、お坊さんになった子も、出来のいい子どもを持ってる人は、とてもうらやましいわね。髪がすごく長くて素敵で、髪の毛先なんかがすばらしい人。それから、身分の高い人が、たくさんの人から敬意を持たれ、大切にされていらっしゃるのを見ると、すごくうらやましい。字が上手に書けて、歌を上手く詠んで、何かの時には真っ先にお呼びがかかるのは、うらやましいわね。


----------訳者の戯言---------

子どもが優秀。
髪がキレイ。
身分が高い。しかも尊敬を集めている。
字が上手い、和歌が上手く詠める、で、何かあったら最初に声がかかる、と。
このあたりは、わかりやすい「うらやまし」ですね。

オチはあるのでしょうか。④に続きます。


【原文】

 女児(をむなご)も、男児(をのこご)も、法師も、よき子ども持たる人、いみじううらやまし。髪いと長くうるはしく、下がり端(ば)などめでたき人。また、やむごとなき人の、よろづの人にかしこまられ、かしづかれ給ふ、見るも、いとうらやまし。手よく書き、歌よく詠みて、もののをりごとにもまづ取り出でらるる、うらやまし。

 

 

うらやましげなるもの② ~稲荷に思ひおこして詣でたるに~

 伏見稲荷大社に思い切って参詣した時、中の御社のあたりでやたら苦しいのを我慢して登ってったんだけど、少しも苦しそうじゃなくって、遅れてやって来るかな?って思ってた人たちが、どんどん先に行ってお参りするのは、めちゃすごいわ。二月の午(うま)の日の朝早く、まだ暗いうちから急いで行ったんだけど、坂の半分ほど登ったところで10時くらいになったの。だんだん暑くもなってきて、ホント情けなくって、どうしてこんな日じゃなくってもっといい日もあるでしょうに、何だってお参りに来たんだろ?っていうぐらい、涙もこぼれて疲れきって休んでたら、40歳過ぎくらいの女で、壺装束なんかじゃなくて、ただ着物の裾をたくし上げてるだけなんだけど、「私は七度詣でをいたします。三度はもうお参りを済ませました。あと四度くらいは大したことではありません。午後2時頃にはもう家に帰ります」って、道で会った人に話しては、下りていったのは、普通の場所では目にも留まらないのに、この女性の身に、この時ばかりは代わりたいもんだわ、って思ったものよ。


----------訳者の戯言---------

暁(あかつき)。久々に出ましたが、これはまだ暗いうちの夜明け。「あけぼの」よりは前だと考えられます。未明と言ってもいいかもしれません。朝方を表す言葉については「木の花は」の段の解説部分に書いてありますので、ご参照ください。

巳の時=巳の刻は、今の午前10時です。

平安宮から伏見稲荷まではGoogle Mapを見ると、直線距離で8~9kmという感じでしょうか。3~4時に宮中を出たとするとゆっくり歩いても7~8時時頃には伏見に着くかと思います。休憩を取りながら、伏見稲荷の坂を上り始めて、その途中で10時くらいになったというのは理解できます。が、かなりのスローペースではありますね。

壺装束(つぼしょうぞく)というのは、平安時代の女性の外出や、旅に出る場合の姿、衣装のことだそうで、つまり、衣服の裾を引上げて腰のあたりに紐で結んで歩きやすくしたスタイル、ということらしいです。上流、中流の女子が徒歩で出かける時の服装のようですから、これでない女性はすなわち、それほど身分の高くない人ということだと思われます。

未(ひつじ)というのは未の刻のことで、午後2時頃です。

七度詣というのは、神社に一日に七度参詣することらしいです。特に、京都の伏見稲荷神社に一日七度参拝することをこう言うことが多かったみたいですね。

今回のこの部分は、伏見稲荷への登山です。稲荷山という山ですから、登山でいいでしょう、もはや。
で、清少納言、生粋の文科系ですから、そこに、スイスイ登る女の人が登場で、思わず、ゴイゴイスー、って、言ってます。いやむしろ、スーを差し上げますー、レベルですね。違いますね。それ、ダイアン津田でしたわ。
いずれにしても、清少納言のヘタレっぷり、ハンパなし。どんだけ体力ないねん、って話です。
そして③に続きます。


【原文】

 稲荷に思ひおこして詣でたるに、中の御社のほどのわりなう苦しきを、念じのぼるに、いささか苦しげもなく、遅れて来と見る者どものただ行きに先に立ちて詣づる、いとめでたし。二月午の日の暁に急ぎしかど、坂のなからばかりあゆみしかば、巳の時ばかりになりにけり。やうやう暑くさへなりて、まことにわびしくて、など、かからでよき日もあらむものを、何しに詣でつらむとまで、涙も落ちてやすみ困ずるに、四十余ばかりなる女の、壺装束などにはあらで、ただ引きはこへたるが、「まろは七度詣でし侍るぞ。三度は詣でぬ。今四度はことにもあらず。まだ未に下向しぬべし」と、道に会ひたる人にうち言ひて下り行きしこそ、ただなるところには目にもとまるまじきに、これが身にただ今ならばやとおぼえしか。

 

新編日本古典文学全集 (18) 枕草子

新編日本古典文学全集 (18) 枕草子

  • 発売日: 1997/10/24
  • メディア: 単行本
 

 

うらやましげなるもの①

 うらやましいっぽいもの。お経なんかを習おうって時、すごくたどたどしくて、忘れがちで、返す返すおんなじ所を読経するんだけど、お坊さんは当たり前!でも、男でも女でもすらすらっと簡単に読んじゃうのは、あんな感じにいつの世にかなれたらなーって思うわ。気分が悪くなって寝込んでる時に、すごく笑って、おしゃべりなんかして、何も考え無しに歩き回る人を見ると、ものすごくうらやましいのよね。


----------訳者の戯言---------

なるほど、お経をすらすら読めるのがうらやましいんですね。
現代なら、カラオケ行ったときに歌が上手い人とか、意外なところで楽器を披露する人とか。英語を流ちょうに話すとかですか。

あと、病気で寝ている時に、元気で動き回ってる人がうらやましい、と。

まずは、ジャブというか、意外と慎ましい「うらやましげ」ですね。この後、どういうネタが出てくるんでしょうか。②に続きます。


【原文】

 うらやましげなるもの 経など習ふとて、いみじうたどたどしく忘れがちにかへすがへす同じ所を読むに、法師はことわり、男も女も、くるくるとやすらかに読みたるこそ、あれがやうにいつの世にあらむとおぼゆれ。心地などわづらひてふしたるに、笑うち笑ひ、ものなど言ひ、思ふことなげにてあゆみありく人見るこそ、いみじううらやましけれ。

 

 

苦しげなるもの

 苦しそうなもの。夜泣きってことをする赤ちゃんの乳母。想う人を二人持って、あっちからもこっちからも嫉妬されてる男。頑固なもののけの調伏を担当してる修験者。祈祷の効き目だけでもすぐにあったらいいんだけど、そうでもなくって、それでも人に笑われないようにって祈祷してるのは、すごくつらそうだわ。

 無闇やたらと疑う男に、すごく想われてる女。摂政か関白に仕えてて、もてはやされてる人だって、安心はできないでしょうけど。それはまあいいでしょう。気持ちがイライラしてる人もね。


----------訳者の戯言---------

「ふすべらるる」という語が出てきますが、「ふすぶ」の受動態です。漢字では「燻ぶ」です。いぶす、くすぶる、くすぶ、くすべる、ふすべる、などと読めるようですね。燻製の燻です。スモークですね。スモークサーモンとかスモークチキンとかの。現代は、いぶす、くすぶる、という言い方になることが多いです。

ここでの意訳は、「思いがくすぶる」とすると、イメージしやすいですね。つまり「不快や残念な気持ちを抱く」「スッキリしない」「モヤモヤする」。意味は「嫉妬する」となります。で、受け身形ですから、「嫉妬される」という意味になります。

しかし、二股かけて、両方から愛想尽かされてるわけではなく、両方から嫉妬されてるっていうのは、ある意味幸せなわけで、苦しそうなのそれ?とも思いますけどね。修羅場、刃傷沙汰にならないことを祈るだけです。

先日も書きましたが、源氏物語六条御息所みたいに、生き霊になって相手の女性を呪い殺す、などというのもまあ、かなり怖いですけどね。けど、あれ、当の光源氏は無傷なわけで。

逆に、嫉妬深い男に想われてる女子。これもつらいですね。イメージするのはストーカーです。これはつらいというか、むしろ怖い。

一の所、とあるので、「一か所」のこと?と、最初は思ったんですが、調べてみたら、「一の人」のことですと。
ん? ところで、「一の人」って何? 
朝廷の儀式で第一の席につくところから、摂政、関白、または太政大臣左大臣の異称。ということです。
時めく、というのは、「もてはやされる」ということらしいですね。

この段は、苦しそうな人、つらそうな人、ですね。
概ねわかるんですが、途中で中途半端に「一の所」にいていい気になってる感じの人のことなどを出してくるから、ピントがズレてきています。いかにも苦しそうなものを、もう少しグイグイと、畳みかける感じで書いておけばよかったと思いますね。


【原文】

 苦しげなるもの 夜泣きといふわざするちごの乳母(めのと)。思ふ人二人もちて、こなたかなたふすべらるる男。こはき物の怪にあづかりたる験者(げんざ)。験(げん)だにいち早からばよかるべきを、さしもあらず、さすがに人笑はれならじと念ずる、いと苦しげなり。

 わりなくものうたがひする男にいみじう思はれたる女。一の所などに時めく人も、えやすくはあらねど、そはよかめり。心いられしたる人。

 

枕草子 いとめでたし!

枕草子 いとめでたし!

 

 

えせものの所得る折

 つまらないものが幅をきかせる時。正月の大根。行幸の際の姫もうちぎみ。即位の時の御門司(みかどのつかさ)。六月や十二月の末日に開催される節折(よおり)の蔵人。季の御読経の時の威儀師。赤い袈裟を着て、僧の名前を読み上げるのは、すごくキラキラしてて威厳があるわ。

 季の御読経や御仏名なんかのイベント設営をする蔵人所のスタッフたち。春日祭の時の近衛の舎人たち。元日の薬子(くすりこ)。卯杖の法師。五節の御前の試みの夜の髪結い担当の女房。節会の時、帝の配膳を担当する采女(うねめ)。


----------訳者の戯言---------

大根(おおね)ですが、大根(だいこん)のことです。元々、おほね→大根だったものを、ダイコンと読んだのが、時系列的には正しいようですね。

正月の大根と言うのは、「歯固め」というイベントに出されたもののようです。当時は、三が日に、鏡餠などを食べて長寿を願ったらしいですが、鏡餠の膳には、大根、瓜、芋、猪や鹿の肉、押し鮎なども出されたようなんですね。
押し鮎? 食べたことないですけど、想像通り、塩漬けにした鮎だとか。不味そー。
で、歯固め、っていうのは赤ちゃんの時にする儀式みたいに思いますが、みんなやってたわけですね。まあ、当時の正月恒例行事なんでしょう。箱根駅伝みたいなもんですか。

と、つまらないことはさておき、大根です。
大根? まあまあおいしいですけどね。おでん買う時は、まず大根でしょう。清少納言は大根が嫌いだったんでしょうかね。

姫まうち君。「まうちきみ(もうちきみ/もうちぎみ)」というのは「まへつきみ」とも言うようです。天皇の御前に仕える人に対する尊敬語だそうですが、姫が付きますから女官なのでしょうか。ということで、「ひめもうちぎみ」で検索。すると、「東豎子(あずまわらわ/東嬬)」とあり、「姫大夫(ひめもうちぎみ)とも称し、これが訛ったとされる姫松の呼称も用いられた」とウィキペディアに書いてました。

名称としては「東豎子(あずまわらわ/東嬬)=姫大夫(ひめもうちぎみ)=姫松」とのこと。内侍司に所属していた下級女官の1つで、帝が行幸の際には東豎子2名が男性官人の服装をして参列していたらしいです。このため男装の女官、とも言われるそうですね。この日ばかりは、下級女官なんだけど男装!ってことですから、清少納言的には「なんて日だ!」でしょう。バイきんぐ小峠ですか。

御門のつかさ(みかどのつかさ)というのは「闈司」とも書くそうです。「いし」と読むらしいですね。意味は、「令制で後宮十二司の一つ。宮中の諸門の鑰(かぎ)の管理および出納をつかさどる」とのこと。「闈」は門がまえに韋です。前に出てきた「囂し」(かしがまし)もそうですが、「闈」も一生書かないでしょうね。
ここで書かれているのは、その「みかどのつかさ」のスタッフのことなのだと思います。

節折と書いて「よおり」と読むらしいです。宮中で毎年6月と12月の末日にこの儀式が行われたそうですね。竹を節のところで折って、天皇、皇后、皇太子の身長を測って祓を行ったらしい。
蔵人は、所謂蔵人になぞらえて設置された女性版蔵人です。ただ、雑務をこなす下級女官ではあります。装束や裁縫のことも女蔵人の仕事の一つですが、この「節折蔵人」(よおりのくろうど)というのは、期間限定、節折担当という感じでしょうか。

「季の御読経」というのは、春と秋に国家安泰を祈願して宮中に僧を招いて行う、大般若経を転読する仏教法会なんだそうです。威儀師はこうした法会などで儀式を進行し、衆僧を指揮する役目の僧侶のことを言うのだそうですね。

「きらきらし」は「煌煌し」と書きます。「光り輝いている、威容がある」という形容詞ですが、擬態語、オノマトペの「キラキラ」と合致していますね。
こういう語は意外とあって、「スベスベ」は滑滑、「ツヤツヤ」は艶艶、「フサフサ」は総総、「ヒラヒラ」は片片、という具合です。これは日本語ならではだという気がしますね。

近衛舎人(このえのとねり)は、近衛府の下級職員ということですが、春日大社の例祭に追従したようです。

元三(がんざん/がんさん)は、年、月、日の三つの元、ということで、正月の一日、元日のことだそうですね。わざわざそんなややっこしいこと言わなくてもと思いますが。
で、平安時代には、この元日に、帝の供御される屠蘇(とそ)を未婚の少女の中から選ばれた薬子(くすりこ)が試飲、毒味をしたそうです。名誉なことなのかもしれませんが、子どもに毒味させるというのもどうかと思いませんか。

卯杖は、正月初の卯の日に、魔よけの具として用いる杖だそうで、以前、「ここちよげなるもの」に出てきました。これを持っている法師が誇らしげだったと書かれていますから、ま、そういうものなんでしょう。

「五節(ごせち)の御前の試み」というのは、五節の第2日の寅(とら)の日の夜に、帝が五節の舞姫の舞を清涼殿などでご覧になる儀式なんですが、その夜にダンサーたちのヘアメイクをした人たちがいたのでしょう。

さて、この段は、そもそも「似非もの」ですからね。完全に上からです。
一つだけ野菜ですが、あとは下級職員的な人たち。清少納言としたら、そりゃ、自分はセクレタリー、幹部的な地位にいるのでしょうけど、現場で雑務をこなすスタッフを見て、卑しい身分なのに、いいタイミングでいい所に配置されてよかったね、という感じです。かなりイヤラシイですね。


【原文】

 えせものの所得(う)る折 正月の大根(おほね)。行幸の折の姫まうち君。御即位の御門つかさ。六月・十二月のつごもりの節折(よをり)の蔵人。季の御読経の威儀師。赤袈裟着て僧の名どもをよみあげたる、いときらきらし。

 季の御読経。御(み)仏名などの御装束の所の衆。春日祭の近衛の舎人ども。元三の薬子(くすりこ)。卯杖の法師。御前の試みの夜の御髪上げ。節会(せちゑ)の御まかなひの采女(うねべ)。