枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。

三月三日は

 3月3日はうらうらとしてて、日差しものどか。桃の花がちょうど咲き始めて、柳が素敵!っていうのも今さらだけど、それもまだ繭に籠ってるのがいい感じ。広がっちゃったのはつまんない気がしますね。桜の花も散っちゃった後はあんまりよくないのよ。キレイに咲いた桜を長く折って、大きな瓶に挿してたりするのはほんと、すばらしい。桜襲ねの直衣からちょっと内着をのぞかせたスタイルで、お客さんだったり、(中宮の)ご兄弟の誰かれであっても、そこの近くでおしゃべりなんかしてるのって、すごくいい感じですよ。


----------訳者の戯言---------

3月3日と言えば、ひな祭り、桃の節句ですが、旧暦の3月3日は今なら3月下旬から4月中旬なんですね。旧暦というのは年によって日にちが違うので気候も異なるし、現代人にとってはややっこしいです。

で、桃の花というのは桜と時期的にはそれほどは変わらないです。よくわかりませんが、桃の方が若干遅いんですかね。ちなみに現代、ひな祭りの頃に売られている桃の枝の生花は、温室栽培だそうです。そりゃそうだわな。
柳の開花時期も同じ頃です。

桜直衣=桜襲ねの直衣というのは、表地は白で、裏地が二藍(藍+紅、つまり紫系の色に染めた生地)の直衣だそうです。若い人は紅を濃い目にするとか。直衣(なほし/のうし)っていうのは、当時の男性のカジュアルウェア。ここで書かれてる着こなしを今に例えて言うと、裏地がチェリーピンクの白いジャケットの裾のとこから、さらに下に着てるシャツの裾をちょこっと出してる風、レイヤード、つまり重ね着のオシャレ感ですかね。
ジーンズからカルバンクラインのボクサーパンツのロゴをチラ見せする感じと同じですか。違いますか。


【原文】

三月三日は、うらうらとのどかに照りたる。桃の花の今咲きはじむる、柳などをかしきこそさらなれ。それもまだまゆにこもりたるはをかし。ひろごりたるはにくし。花も散りたるのちはうたてぞ見ゆる。おもしろく咲きたる桜を、長く折りて、大きなる瓶(かめ)にさしたるこそをかしけれ。桜の直衣(なほし)に出袿(いだしうちき)して、まらうどにもあれ、御兄人の君達(きんだち)にても、そこ近くゐて物などうち言ひたる、いとをかし。