枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。

うへに候ふ御猫は③ ~暗うなりて~

 あたりが暗くなって、ご飯をあげても食べないので、結局、翁丸ではない犬だって結論に達して、翌朝早く、定子様が髪をセットして、お顔を洗うので、私、参上して、鏡をお持たせになってご覧になるためお側に侍ってたら、犬が柱のところにいるのを見つけて、「かわいそう、昨日は、翁丸をひどく叩いたものね。死んじゃったそうだけど…哀れですね。今度は何に生まれ変わったのかなぁ。どんなにか辛かったでしょう…」ってつぶやいたらね、そこにいたその犬が震えわなないて、涙をポロポロこぼすの、すごくびっくりしちゃった。
 やっぱり、翁丸だったんだね。昨夜は自分のことを隠して、耐えてたんだろうって、哀れなだけじゃなく、加えて、素敵に思えることこの上なくて。鏡を置いて、「あなたは翁丸なの?」って聞いたら、地面に突っ伏して、大きく鳴いたのです。

 定子様がすごくお喜びになりました。右近内侍を呼び寄せて、「こうこうこういうわけなのよ」とおっしゃったら、女房たちもみんなにぎやかに笑って、その騒ぎを天皇もお聞きつけになって、定子様の部屋に来られたんです。
 で、「驚きだね、犬にだってこんな心があるもんなんだね」って、お笑いになったの。
 天皇のお付きの女房たちもこれを聞きつけて、集まってきて翁丸の名前を呼んだら、そのたび跳ね回るんです。「でもまだ、顔なんか腫れてるものね。手当をしてあげないと」って私が言うと、「とうとうこの犬が翁丸だってことを白状したわね」なんて笑うもんだから、源忠隆がこれを聞きつけて、台所の方から、「本当ですか。翁丸が見つかったって! 拝見させていただきます」と言ってきたので、「あら、ひどい。絶対そんな犬いないですわ」ってスタッフに言わせたら、「とは言っても、私が見つけてしまう時もございますでしょうし。そんなに隠しおおせることはできないでしょう」と言うのね。

 こうして、翁丸は天皇から許され、元通りに戻ったの。でも、犬がカワイソがられて震えて泣き出すのなんて、今まで聞いたこともないくらい、素敵で感動しちゃいました。人間なら人から言葉をかけられて泣いたりすることはあるんだけどね。


----------訳者の戯言---------

内侍というのは前にも出てきましたが、帝の側室候補もいる、女性だけの部署「内侍司」の女子職員です。
側室がいるというだけではなく、もちろん色々な仕事もありました。今で言うなら、秘書課、総務課、庶務課あたりの役割だったのではないかと思います。
内侍司には尚侍という長官(カミ)が2名、典侍(スケ)という次官が4人、その下に掌侍(ジョウ)が6人いたそうです。
最初のうちは、トップの尚侍やナンバー2の典侍も所謂女官だったらしいですが、このあたりの人はそのうち皇妃に準ずる立場、つまり側室、妾となったそうですね、実質的には。ってことは、実際に中心となってこの部署の仕事をしたのは掌侍ということでしょうか。
で、さらにこまごまとした雑用をした女孺(にょじゅ/めのわらわ)というスタッフが100人いたらしいです。

さて本段。賢い犬の話です。
っていうか、正直、虐待がかわいそう過ぎて、後半、なかなか頭に入ってこない。
今の常識からすると、一条天皇も、源忠隆らもオカシイ人でしかないですね。
犬に感動するより先にそっちだろ!と思います。特に一条天皇ね。自分が「シバいて捕まえて流刑にせい!」って言っておいて、最後には「驚き! 犬にもこんな心があるものなの」と、しれっと言うメンタル。

しかし、いくらやりたい放題でも、さすがに清少納言天皇批判はできません。
巧みに「犬に感動した話」に持っていってます。
官僚が安倍首相に忖度するようなもんですね。


【原文】

暗うなりて、物食はせたれど、食はねば、あらぬものに言ひなしてやみぬる、つとめて、御けづり髪、御手水など参りて、御鏡を持たせさせ給ひて御覧ずれば、候ふに、犬の柱もとにゐたるを見やりて、「あはれ、きのふ翁丸をいみじうも打ちしかな。死にけむこそあはれなれ。何の身にこのたびはなりぬらむ。いかにわびしきここちしけむ」とうち言ふに、このゐたる犬のふるひわななきて涙をただ落しに落すに、いとあさまし。さは、翁丸にこそはありけれ。昨夜は隠れ忍びてあるなりけりとあはれにそへて、をかしきこと限りなし。御鏡うち置きて、「さは、翁丸か」と言ふに、ひれ伏していみじう泣く。

御前にもいみじうおち笑はせ給ふ。右近の内侍召して、「かくなむ」と仰せらるれば、笑ひののしるを、上にも聞こしめして渡りおはしましたり。「あさましう、犬などもかかる心あるものなりけり」と笑はせ給ふ。うへの女房なども聞きて、参り集まりて呼ぶにも、今ぞ立ち動く。「なほこの顔などの腫れたる。物のてをせさせばや」と言へば、「つひにこれを言ひあらはしつること」など笑ふに、忠隆聞きて、台盤所の方より、「まことにや侍らむ。かれ見侍らむ」と言ひたれば、「あな、ゆゆし。さらにさるものなし」と言はすれば、「さりとも、見つくるをりも侍らむ。さのみもえ隠させ給はじ」と言ふ。

さて、かしこまり許されて、もとのやうになりにき。なほあはれがられて、ふるひ泣き出でたりしこそ、よに知らずをかしくあはれなりしか。人などこそ人に言はれて泣きなどはすれ。

 

検:うへにさぶらう御猫は 上にさぶらふ御猫は