枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。

市は

 市といえば、たつの市、さとの市、つば市がいかしてる。大和エリア(奈良)にたくさんある市の中で、初瀬(の長谷寺)に参詣する人が必ずここに泊まるのは、観音様の縁があるからだって思うと格別なのです。その他、をふさの市、飾磨の市、飛鳥の市、ですね。


----------訳者の戯言---------

たつの市(辰の市)っていうのは、今の奈良市で辰の日に立った市、だそうです。
つば市は「海石榴市」と書くそうですね。すみません、読めません。で、これは今の奈良県桜井市の金屋というところにあったらしく、現在は静かな住宅地ですが、ここは昔は国内有数の交易の中心地だったそうです。特に市の立つ日はかなり賑わっていたらしいですね。
初瀬は「はせ」と読みます。これも奈良県桜井市で、今も地名に残っています。長谷寺があるところです。

「心ことなり/心殊なり」と言うのは、「格別」「並々ではない」ということらしいです。

まあ、簡単に言うとこの段、「市場って言ったら、どこがいいか?」というのを並べて書いて、ちょっとだけコメント入れてるだけです。
全部書いても仕方ないので、詳解しませんが近畿圏で当時あった市ばかりのようですね。
個人的には、ふ~ん、って感じですね。


【原文】

市は たつの市。さとの市。つば市。大和にあまたある中に、初瀬に詣づる人の必ずそこに泊まるは、観音の縁のあるにやと心ことなり。をふさの市。飾磨の市。飛鳥の市。