枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。私自身が読む、という前提ですので、初心者向けであって、何よりもわかりやすい、ということを意識しているのですがいかがでしょうか。最初から読みたい!という奇特な方は「(PC版)リンク」から移動してください。また、検索窓に各段の冒頭部分や文中のワードを入れて検索していただくと、任意の段をご覧いただけると思います(たぶん)。

2019-09-09から1日間の記事一覧

淑景舎、東宮に参り給ふほどのことなど④ ~御手水まゐる~

で、お清めの水が差し上げられるの。あちらの方(淑景舎の方)のは、宣耀殿、貞観殿を通って、童女2人と下仕4人で持って参るようだわね。唐廂(からびさし)よりこちら側の廊下には女房が6人ほど待機してるの。狭いってことで、半分はお送りをして、あとは…