枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。私自身が読む、という前提ですので、初心者向けであって、何よりもわかりやすい、ということを意識しているのですがいかがでしょうか。最初から読みたい!という奇特な方は「(PC版)リンク」から移動してください。また、検索窓に各段の冒頭部分や文中のワードを入れて検索していただくと、任意の段をご覧いただけると思います(たぶん)。

神は

 神は、松尾(まつのお)大社、(石清水)八幡宮(やはたのみや/やはたのみや)はこの国の帝でいらっしゃったというのが素晴らしいわ。ご参詣の行幸なんかに水葱(なぎ)の花の御輿(みこし)にお乗りになるとかって、すごく素晴らしい。大原野神社春日大社はとてもりっぱでいらっしゃるの。平野神社は、使わないままになっている空家があったから「何をする所なの?」って尋ねたら、「御輿がお泊まりになるお宿」って答えたのも、すごく素晴らしく思うわ。斎垣(いがき)に蔦なんかがすごくたくさんかかってて、紅葉したのがいろいろあったのも、「秋にはあへず」って貫之の歌が思い出されてしみじみとして長時間車を停めてたの。みこもりの神も、また面白いわ。賀茂神社は言うまでもないわね。伏見稲荷神社も。


----------訳者の戯言---------

松の尾とはもちろん現在の松尾大社です。読みは「まつのお」と「の」が入ります、今も。しかし阪急嵐山線の駅名「松尾大社」は「まつおたいしゃ」なんですね。私も不覚でしたが、「まつおたいしゃ」だと思っていました。今日からは「まつのおたいしゃ」と読みます、神社のほうは。ややっこしいですね。
というわけで、住所を調べてみました。暇人? 京都市西京区松尾谷松尾山町という住所があります。読みは「まつおだにまつおやまちょう」でしたよ。やっぱりか!


「八幡」というのは「石清水八幡宮」のことのようです。そもそも八幡神(やはたのかみ、はちまんしん)というのは、「日本書紀」に登場する誉田別命(ほんだわけのみこと)という神?で、応神天皇と同一とされています。ということで、この国の帝でいらっしゃったと言ってるわけですね。

水葱(なぎ)というのは、水葵(みずあおい)の古名で、菜葱(なぎ)とも書きます。
この水葵というのは水田や沼などに自生する植物で、高さが約30cm、葉はハート形で秋に青紫色の花を咲かせるようです。ネットで画像を見ましたがなかなか可憐な花でした。


大原野というのは現在の京都市西京区大原野というところにある大原野神社です。京都・大原ではなく、洛西と呼ばれている、桂や向日から山のほうに行ったところですね。ご存じのとおり、平安京の前に、平城京から長岡京に遷都する計画があったんですが、その際に、藤原氏氏神であった春日大社の神をこちらの土地に祀ったのが始まりなんだそうで、「京春日」と呼ばれたりしています。藤原氏にとってはまさに王城鎮護、国家鎮護の社ということなんですね。
紫式部大原野神社氏神と崇めてたらしく、自身、大原野という土地が好きだったらしいです。


平野というのは京都市北区にある平野神社です。この時期は桜の名所としても有名ですが、最近はキンプリ平野紫耀のファンの方々がたくさん参詣することでも話題になっているようですね。いつのまにかキンプリの聖地になっとる。というか、絵馬のほとんどがライブ当選祈願らしいです。たしかに近年のライブは転売防止のために抽選になっていますから、昔のようにお金を積んだところで行くことはできません。自ずと神頼みとなります。
というわけで、先祖返りしているかのような祈願重視の世の中です。そう言えば晴明神社も平昌の時はかなり金メダル祈願が多かったらしいです。本人もフリーに「SEIMEI」を使った時に参詣したらしいですしね。北京はどうだったのでしょうか。

斎垣(いがき)。神社など神聖な場所に巡らした垣。みだりに俗な人の入ることを許さないというゾーンを作ったものと言えそうです。

ちはやぶる神のいがきにふはふ葛も 秋にはあへず移ろひにけり
(神社の神聖な垣根に生える葛も、秋には耐えきれず色が変わってしまったなぁ)

神聖な神社に生えてる葛は神の力で常緑でありそうなのに、季節(秋)の移ろいには抵抗することができず他の葉っぱと同じように葉の色が変わってしまったと。紀貫之が詠みました。清少納言的には、今やキンプリの聖地と化した平野神社の斎垣(いがき)の傍で車を停めて、秋の風情に感じ入った私。という感じでしょうか。


みこもりの神。元々は水の分配を司る神「みくまりの神」だそうです。「くまり」は「配り(くばり)」の意味で、水源地や水路の分水点などに祀られることが多いそうですね。本来は水の神、農耕の神なんですが平安時代頃から「みこもり(御子守)」と訛って御子守明神などとも呼ばれ、子供の守護神、子授け・子育て・安産の神としての信仰も生まれたようです。 
各地にあるようですが、中でも奈良県吉野郡吉野町吉野山に現在も鎮座する吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)が有名で、水の配分を司る天之水分大神を主神として7柱を祀っているそうです。


すでに何度か書きましたが、賀茂神社は今の上賀茂神社下鴨神社です。元々は一つの神社で、それぞれ上社、下社というものでした。現在、正式には上賀茂神社は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」下鴨神社は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」と言います。上賀茂神社には「賀茂別雷神賀茂別雷命)」が祀られ、その母と母の父(つまり祖父)にあたる神様が下鴨神社賀茂御祖神社)に祀られています。


神様を選別するというのも、清少納言、なかなか度胸があります。が、私たちもどこに初詣に行くかとか、どこを寺社を観光しようかとか、そこそこ選んでます。あそこの神社はイイとかイマイチとか。バチ当たりですね。清少納言のことは言えません。いや、神様はそんなことで罰を当てたりはしないですか。神様ですから穏やかで器も大きいのだと思います。はい。


【原文】

 神は 松の尾。八幡、この国の帝にておはしましけむこそめでたけれ。行幸などに、水葱(なぎ)の花の御輿にたてまつるなど、いとめでたし。大原野。春日、いとめでたくおはします。平野は、いたづら屋のありしを、「何する所ぞ」と問ひしに、「御輿宿(みこしやどり)」と言ひしも、いとめでたし。斎垣(いがき)に蔦などのいと多くかかりて、もみぢの色々ありしも、「秋にはあへず」と貫之が歌思ひ出でられて、つくづくと久しうこそ立てられしか。みこもりの神、またをかし。賀茂、さらなり。稲荷。