枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。私自身が読む、という前提ですので、初心者向けであって、何よりもわかりやすい、ということを意識しているのですがいかがでしょうか。最初から読みたい!という奇特な方は「(PC版)リンク」から移動してください。また、検索窓に各段の冒頭部分や文中のワードを入れて検索していただくと、任意の段をご覧いただけると思います(たぶん)。

君達は

 君達(きんだち)っていうと、頭の中将。頭の弁。権の中将。四位の少将。蔵人の弁。四位の侍従。蔵人の少納言。蔵人の兵衛の佐。


----------訳者の戯言---------

君達っていえば?という段ですね。君達(きんだち/きみたち)というのは、高貴な家柄の子どもの意味。「貴公子」のことです。貴公子というと、今は、ナントカの貴公、たとえば「ミュージカル界の貴公子」「サーキットの貴公子」みたいな言い方をしますが、あれの原型ですね。育ちが良さそうでシュッとしたハンサムに対して言います。君達の場合、「良さそう」ではなく、ほんとに良いんですがね。

「頭の中将」は、蔵人の頭(蔵人頭)にして近衛府の中将(次官)。中将は近衛府ではナンバー2でした。この二つを兼任した人ですね。枕草子では、頭の中将と言えば、藤原斉信がそれでした。すぐ前の段で出てきましたが後に宰相の中将になっています。少し前に書いた「宰相の中将①」の段は、斉信がちょうど頭の中将から宰相の中将に昇任する頃の話でしたね。

蔵人頭というのは、蔵人所の「頭」ですから、ヘッドということになります。族のリーダー? 総長? ま、似たようなもので、トップ、長という意味です。帝の身の周りのことを司る秘書室というのが蔵人所の役割ですから、蔵人頭は、首席秘書官ということになります。

「頭の弁」は、蔵人の頭と「弁」を兼任した人です。弁(弁官)というのは、朝廷の最高機関「太政官」の事務官僚で四位五位相当。学識ある有能な人材がこの官に任用されていたらしいですね。左右、大中少の弁があり、左中弁以上の経験者には参議に昇進する資格があったそうで、将来三位以上に昇る道が開かれた出世の登竜門でもありました。
枕草子では、頭の弁として藤原行成が何回か出てきましたね。能筆家、歌人としても高名な人ですが、清少納言とのやりとりもなかなか面白い、ちょっと茶目っ気のあるハンサムボーイです。清少納言アネキのことを好きすぎる藤原行成は、やたらとちょっかいを出してきます。というわけで、興味とお時間のある方は下記の段も再読いただけば、と思います。
職の御曹司の西面の立蔀のもとにて①
頭の弁の御もとより
頭の弁の、職に参り給ひて①
五月ばかり、月もなういと暗きに①

「権の中将」というのは、近衛府の中将の次に位するもの=中将の権官。相当位は従四位下です。
権官」についてはすぐ前の段「上達部は」で詳しく書きましたので、そちらもぜひご覧ください。

「四位の少将」。近衛府の少将は普通は正五位下の位階なんですが、少将のまま四位に叙された人をこう言いました。

「頭の弁」は、蔵人所のスタッフ(蔵人)にして、弁官だった人です。帝の秘書官で太政官の事務官僚でもある、ということになりますね。今で言うなら宮内庁の幹部スタッフ兼内閣官房副長官補ぐらいの感じでしょうか。こうして書いてみても、エリートに違いないという気がします。

「四位の侍従」というのは、先に出てきた四位少将と同じで、侍従は本来従五位下相当なんですが、侍従のまま四位に叙された人をこう言ったそうです。侍従というのは、帝の身の回りの世話などをする文官でした。これも高貴な家の子弟ならではの職位です。

「蔵人の少納言」は、文字通り蔵人と少納言を兼任した人です。少納言というと、大納言、中納言の次と思われがちですが、違います。参議と言うのが間にありまして、さらにその下で実務を行うのが少納言でした。と聞いても、パッとはしませんね。それでも従五位下に相当する官職だそうです。

少納言というと清少納言の女房名にも付いていますね。まず「清」は実家の苗字、清原から来ているのでしょう。「少納言」については、女房名に付く場合、普通は父か夫の役職が付けられることが多いようです。ただ、清少納言の父・清原元輔は高名な歌人三十六歌仙の一人ではありましたが少納言にはなっていません。また、離婚後にも兄妹のような交際が続いていた元夫の橘則光は、修理の亮(すりのすけ/しゅりのすけ)、すなわち主に内裏の修理造営を司る「修理職(すりしき/しゅりしき)」の亮(次官)として枕草子に登場してはいます。さらにその後、左衛門の尉となった則光が描かれた段もありますが、やはり少納言であったという経緯はありません。
他の親近者にも少納言になった人はいないようで、清少納言の女房名に「少納言」が付いた明確な根拠は見当たらず。諸説はあるものの現在も不詳、謎となっているのです。

ちなみに紫式部は父・藤原為時の官職が式部丞(しきぶのじょう)だったことからこう名乗ったと言われています。
式部省というのは、文官の人事考課、行賞を担当すると同時に役人養成機関である大学寮を統括する重要な役所でした。丞はその三等官です。
また、女流歌人赤染衛門は、父の赤染時用が右衛門尉(うえもんのじょう)だったことから、この女房名となったそうです。

しかし通称とは言え、夫や父の官職名から名前を付けられるというのは、当時の女性としてはどういう感覚だったんでしょうね。バリバリの男尊女卑社会、女性が自立してない(自立させない)感じがするのは、私だけでしょうか? もちろん、1000年も前のことですから、今からどうすることもできないんですけれど。上野千鶴子さんや田島陽子さんはどう言うでしょうかね。

「蔵人の兵衛の佐(すけ)」は、蔵人と兵衛府の佐(次官)を兼任した人です。従五位上相当だそうです。やはり名家の子息がこういうポジションに就いたんでしょうか。

さて。
列挙されたのは、ええとこの子どもたちが就くポスト、官職のようです。
この段も前段に続いて、摂関家大臣家など家格の高い家、つまりセレブリティの子弟を無条件に崇めるかのような内容ですね。高貴なお家柄のご子息で、こんなおシゴトの男性、ステキ♡ という感じです。
世襲とかには全く無批判。清少納言はいいのかそれで。恥ずかしくないのか?


【原文】

 君達は 頭の中将。頭の弁。権の中将。四位の少将。蔵人の弁。四位の侍従。蔵人の少納言。蔵人の兵衛の佐。

 

本日もいとをかし!! 枕草子

本日もいとをかし!! 枕草子