枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。私自身が読む、という前提ですので、初心者向けであって、何よりもわかりやすい、ということを意識しているのですがいかがでしょうか。最初から読みたい!という奇特な方は「(PC版)リンク」から移動してください。また、検索窓に各段の冒頭部分や文中のワードを入れて検索していただくと、任意の段をご覧いただけると思います(たぶん)。

七月ばかりいみじう暑ければ①

 七月の頃になっても、めちゃくちゃ暑いから、家のあちこちを開け放って夜を明かすんだけど、月のキレイに見える頃、不意に目覚めて外を見たら、とっても素敵に感じるんですよね。月が出てなくて真っ暗なのもまたいい感じなの。有明の月はもう言葉にするのも愚かなくらい、素敵なのよね。

 とってもピカピカできれいな床板の部屋の端に、ま新しい畳を一枚敷いて、三尺の几帳を部屋の奥の方に押しやってるのは、なんか違う感じ。几帳はそもそも外向きの出入口側に立てるべきものなんだけどね。奥のほうが気になるんでしょうか。

 恋人は帰ってしまったのでしょうか、裏がとっても濃くて表は少し色褪せた風の薄色の衣、じゃなければ、元々光沢がある濃い色の綾織で、まだそんなには柔らかくなってないのを、頭の方まで被って寝ているの。
 香染の単衣、もしくは黄色の生絹の単衣、紅の単衣、袴の腰紐がすごく長く、衣の下から引き出されたまま着てるっていうのも、まだ衣が解けたまま、っていうことなんでしょう。

 衣から出てる髪はまとまっててしかもふわっとボリュームがあるから、その長さもなんとなくわかるの。で、またどこからか、朝方になってとっても霧が立ち込める中、二藍の指貫、あるかないかの色の香染の狩衣、白い生絹に紅色が透けてるのが、艶っぽくて、霧でかなり湿ってしまったのを脱いで、ヘアスタイルもちょっとぼさぼさに乱れてるし、烏帽子を無理してかぶってる感じも、だらしなく思える人が…。


----------訳者の戯言---------

有明(ありあけ)というのは、「まだ月があるうちに夜が明けること」だそうです。明るくなってきた空に、うっすら白い月が浮かんでいる様子ですね。

几帳は今で言うところのパーテーション。衝立です。

薄色」は単に薄い色を指すのではなく、色の名前です。やや赤みのあるとても薄い薄紫です。ここに書かれているようにまるで褪せた色のようでもあります。

香染は丁子で染めたもので、薄い茶色です。以前出てきた「香色」よりは濃いですね。カフェラテの色ぐらいの感じ。同じ丁子で染めても媒染剤というものを使うと「香染」の濃さが出るらしい。

前にも書きましたが、狩衣はインフォーマル、カジュアル系です。

ふくだみたる。というのは、ぼさぼさになる、とか、けばだつという意味です。そういえば「すさまじきもの」で、手紙の紙がぼさぼさになってて…というくだりがありましたね。

ちょっと、後半を読んでいない時点では、なんか異様な感じです。今の感覚から言うと、セキュリティ、そんな無防備でいいのか?とも思うくらいですね。もちろんハード部分だけではなくて、この女子、メンタル的にもだらしない感じしかしないです。

それとも、あえてアンニュイな感じを味わう段なのですか。最後に出てきた男も何か怪しいですしね。

当時はこんなもの、これが常識的範疇にあった、むしろ当時の情緒であった、と、たぶん言われるんでしょうけどね。もしそうなら、平安貴族などというもの、これについては良いセンスではないな、と私、思います。

そんなことを感じつつ、後半に続きます。


【原文】

 七月ばかりいみじう暑ければ、よろづの所あけながら夜もあかすに、月の頃は寝おどろきて見出だすに、いとをかし。闇もまたをかし。有明、はた言ふもおろかなり。

 いとつややかなる板の端近う、あざやかなる畳一枚(ひとひら)、うち敷きて、三尺の几帳、奥の方におしやりたるぞあぢきなき。端にこそ立つべけれ。奥の後ろめたからむよ。

 人は出でにけるなるべし、薄色の裏いと濃くて、上は少しかへりたるならずは、濃き綾のつややかなるが、いとなえぬを、かしらこめに引き着てぞ寝たる。香染の単衣、もしは黄生絹の単衣、紅(くれなゐ)の単衣、袴の腰のいとながやかに、衣の下よりひかれ着たるも、まだ解けながらなめり。

 外(そと)のかたに髪のうちたたなはりてゆるらかなるほど、長さおしはかられたるに、またいづこよりにかあらむ、朝ぼらけのいみじう霧り満ちたるに、二藍の指貫に、あるかなきかの色したる香染の狩衣、白き生絹に紅のとほすにこそはあらめ、つややかなる、霧にいたうしめりたるを脱ぎ、鬢の少しふくだみたれば、烏帽子のおし入れたるけしきも、しどけなく見ゆ。


検:七月ばかりいみじう暑ければ 七月ばかりいみじうあつければ