枕草子を現代語訳したり考えたりしてみる

清少納言の枕草子を読んでいます。自分なりに現代語訳したり、解説したり、感想を書いています。専門家ではないので間違っていたらすみません。ご指摘・ご教授いただけると幸いです。

みささぎは

 御陵といえば、鴬の御陵、かしはぎの御陵、あめの御陵が素敵です。


----------訳者の戯言---------

「みささぎ」は漢字で「陵」とか「御陵」と書きます。天皇や皇后のお墓ということです。

昔はお墓が丘陵になってました。前方後円墳とか。
なので、絶景だったり、いい感じのもあったのでしょうか。私もいくつかは見たことがありますが、古墳というのは小さい山みたいな感じですよね。

で、鴬の御陵というのは、奈良の若草山の山頂にある前方後円墳です。そのほかのは、調べましたが、わかりませんでした。


【原文】

 みささぎは うぐひすのみささぎ。かしはぎのみささぎ。あめのみささぎ。